思春期のニキビケア

思春期のニキビケアは、肌の余分な皮脂を取り除き、清潔な状態を保つことに重点があります。まずはニキビケアに特化した商品を選び、肌の汚れをきっちり取り除くようにすることです。

また、化粧水などのスキンケア商品にも気をつけ、肌を乾燥から守ります。肌から水分が失われれると、すぐにトラブルに見舞われるようになります。

できるだけ潤いを保つことは思春期のニキビでなくてもスキンケアの鉄則です。思春期のニキビは、過剰な皮脂分泌が毛穴を塞ぐことから始まります。

そこに原因菌のアクネ菌が繁殖して炎症が起こります。つまり、思春期のニキビケアとは余分な皮脂をまず取り除くことです。

これは洗顔料を使う以外に、食生活に気を付け、油を多く含んだ料理を摂らないようにすることも大事です。

嗜好性の高い揚げ物やチョコレートといったものを食べ過ぎると、いくら洗顔をきっちりしても、分泌量の方が勝り、ニキビも当然増えてしまいます。

また、過剰摂取だけでなく、栄養不足もニキビの原因となります。好き嫌いをせず、いろいろな食材を取り入れた食事をしっかり摂ることで、身体の調子が良くなり、肌の調子も自然と上向きになります。

スキンケアだけで改善されない思春期のニキビは、ほとんどの場合、身体の内側にある問題から発生しています。

なかなか良くならないと思ったら、食生活と睡眠時間に気を付けて、生活習慣を見直すようにしましょう。

Recommend!

ニキビにはできる原因の異なる、思春期ニキビと大人ニキビがあります。思春期ニキビと大人ニキビは何が違い、どのように対処したらよいのでしょうか。ドクター監修の本記事では、思春期ニキビの特徴や原因、対処法について解説します。
【医師監修】思春期ニキビの特徴とは | スキンケア大学
ニキビは、なぜ、青春のシンボルなどと呼ばれているのでしょう。 それは、思春期(12歳~18歳くらいまで)に多く分泌される成長ホルモンが影響し、ニキビができやすい環境― 脂性肌をつくるからです。特に男性ホルモンは、皮脂の分泌量を増やすので、脂性肌に ...
思春期にニキビが多いのはなぜ? | 「グッバイ、ニキビ!」 | ニキビ情報サイト